2010年08月20日

ネイルサロンへ行ってみたい

久々にネイルサロンに行きたくなりました。
京都へ出かける予定があるので京都のネイルサロン情報サイトの雅ネイルで探してみようと思います。
posted by haruka91758 at 11:09| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ちあきなおみと洗顔石鹸

ちあきなおみははるかの記憶、洗顔石鹸はここで選びました。

いま、私は洗顔をしながらちあきなおみの歌をきいています。
posted by haruka91758 at 07:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

はるかの記憶

はるかの記憶はちあきなおみ。

今、あの歌手ちあきなおみは何をしているんでしょうか?

ちあき なおみ(本名:瀬川三恵子、1947年9月17日 - )は、歌手。東京都板橋区出身。ムード歌謡の名残をのこしつつ、しっとりと歌うスタイルは秀逸である。本人自身はコミカルな部分も持っており、歌もさることながら、タレントや女優としての要素も持っていたことで人気を博していた。幼少の頃より、芸能活動をする。特に歌唱力に秀で、米軍キャンプ地などで歌手活動をしていた。
1969年に「雨に濡れた慕情」で歌手デビュー。1970年の「四つのお願い」がヒットとし、人気歌手へ。1972年に代表曲となる「喝采」が大ヒットし、日本レコード大賞を手にした。歌の出だしの部分で手ひらを上にあげていく仕草が特徴的な歌で、この仕草は鼻のそばにあるホクロとともに、コロッケ (タレント)|コロッケの記念すべき第一作目のモノマネのネタでもあった。歌手としてだけでなく、コミカルな部分も持っていたちあきは、タレント・女優としての才能も買われ、テレビでの活躍の場を広げる。1987年からの大日本除虫菊「タンスにゴン」のCMシリーズでは、癖のある主婦を好演(怪演)し、話題をさらった。(CMシリーズで特に、自転車に乗った共演者・美川憲一に「もっと端っこ歩きなさいよ」と注意されるバージョン(1990年)は、話題になった。)1978年に俳優の郷?治と結婚したが、1992年に死別。これを機に芸能界を引退した。『黄昏のビギン』がテレビCMに使われ注目されたり、 CD-BOXが発売されるなどで人気が再燃したが、現在に至るまで復活の兆しはない。
主な作品


*雨に濡れた慕情 1969年
*四つのお願い 1970年
*X+Y=LOVE 1970年
*しのび逢う恋 1971年
*喝采 1972年 第14回日本レコード大賞受賞曲
*あいつと私 1973年
*さだめ川 1975年
*恋挽歌 1976年
*矢切の渡し 1976年 後に細川たかしも歌い競作ブームに
*Again 1983年 映画「時代屋の女房」主題歌
*紅とんぼ 1988年
*黄昏のビギン 1991年 水原弘の元歌をカバー
映画
*喜劇 冠婚葬祭入門 1970年
*居酒屋兆治 1983年
*瀬戸内少年野球団 1984年
*傷だらけの勲章 1986年
posted by haruka91758 at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。